スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ ランキング参加中・・・クリックしてね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 精神世界ランキング

あの時、ぼくは死んだ。

あの時、ぼくは死んだ。

その日、突然、ドドドドーと言う音がして、大地震が発生しました。
ものすごい揺れで、教室の床がクッションのようにグニャグニャになると、
机やイスが宙を舞いました。

しばらくして揺れが収まると、みんなは運動場へ非難しました。
次に「津波がくる」と、先生が言ったので、高台へ逃げることになりました。

低学年の子から移動をはじめると、誰かが「津波だー」とさけびました。
海の方を見ると、100メートルくらいの怪獣みたいな大津波が、こっちに向かってきました。

最初、ぼくは長谷川くんとぺちゃくちゃしゃべりながら、ふざけて走っていたけど、
大津波が見えると恐くなって、一生懸命走りました。
長谷川くんも「やべーて」と言って走ったけど、それからは、離ればなれになりました。

ぼくは、一生懸命走ったけど、全然、前に進めなくて、まるで夢の中で走っているようでした。
その時は、周りの声や音も、なにも聞こえなくて、無我夢中でした。

次の瞬間、大ダコの足みたいな波が、すぐ後ろに来ていて「つかまる!」と思ったので、
目の前の車の上に飛び乗ろうと思ったけど、あとでお母さんに怒られると思ったのでやめました。

そして、車の後ろに隠れたけれど、車がグワンと浮かんだみたいになって、
ぼくの上に乗りかかろうとした瞬間、ぼくは「あ、死んだ!」と、思いました。

そしたら目が覚めて、時計を見たら、まだ6時10分だったので、
「やったー、まだ20分寝れる」と思って、目をつぶりました。
だけど、それからは夢のことばかり考えてしまって、眠れませんでした。

ぼくは、ウトウトしながら、夢って本当に夢なのかな?と、考えていました。
どういう事かと言うと、夢は、もう一つの、別の世界なのかもしれないと思ったからです。
もし、そうなら、ぼくは、たった今、もう一つの別の世界で、本当に死んだと思います。

なぜ、死んだのかと言うと、ぼくの運命が、あのまま、津波にのまれたけど、
病院に運ばれて意識がもどって、助かる運命だとするならば、
ぼくは、こっちの世界の、あったかい布団の中で目覚めるのではなくて、
今頃、あっちの世界の、どこかの病院で、まだ、眠っているのだと思います。

そして、あっちの世界の、お父さんとお母さんに見守られた、
病院のベッドの上で、目覚めるのだと思います。

そう考えると、あっちの世界の、他のみんなは、どうなったのだろうと思いました。
みんな、死んでしまったのかな?
お父さんやお母さんたちは、あの大地震と大津波の中で、助かったのかな?

もし、死んでしまったのなら、その人達は、ぼくと同じように、
死ぬ瞬間に、夢から目覚めているかもしれないと思ったので、
朝ごはんの時に、お父さんとお母さんに、夢の話をしてみました。

すると、お父さんとお母さんは、夢は見ていなかったので、
あっちの世界で、死んでいないのだと思いました。

そして、学校で、長谷川くんにも夢の話をしました。
長谷川くんも「そんな夢は見ていないよ。」と、言ったので、
長谷川くんも、助かったんだと思いました。

みんな助かって、よかったーと思いました。
だけど、1つだけ、心配な事があります。

きっと、あっち世界の、お父さんとお母さんは、
ぼくが死んでしまって、とっても、悲しんでいると思います。
そして、死んでしまった、ぼくの事を、心配していると思います。

だから、あっちの世界のお父さんとお母さんに、どうしても教えてあげたいです。

ぼくは、生きてるよ!って。
ぼくは、大丈夫だよ!って。

今、ぼくは、こっちの世界で、元気に生きています。
こっちの世界では、あの大地震は、ぼくの夢なんだよ!

だから、こっちのお母さんは、相変わらず「宿題しろ!」ってうるさいし、
お父さんは、昨日も今日も、仕事ばかりしているよ。

みんな、いつもどおりの毎日を、普通にやっています。

きっと、そっちの世界のお父さんとお母さんは、今、とても大変だと思います。
ぼくには、何もしてあげられないし、この声が、そっちの世界に、届かないことは解っているけど、
あの夢の日から、毎日、ぼくは、お父さんとお母さんを応援しています。

お母さん、あたり前のように、毎日を過ごしていると、解らなかったけど、
いつも、やさしい微笑みで、ぼくを見守っていてくれるよね。
ぼくは、そんな、笑顔のお母さんが大好きだよ。
だから、これからも、ずっと、笑顔の似合う、やさしいお母さんでいてね。

お父さん、いつもは、恥ずかしくて言えないけれど、
汗をかき、涙をこらえて、ぼくを育ててくれて、ありがとう。
ぼくは、そんな、たくましいお父さんが、格好良いと思っています。
だから、これからも、ずっと、元気いっぱいの、たくましいお父さんでいてね。

お父さん、お母さん … ありがとう。

生きる世界は、別だとしても、ぼくは、いつでも側にいます。
だから、共に生きていきましょう。
スポンサーサイト

↓ ランキング参加中・・・クリックしてね!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 精神世界ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

Re: こんにちは♪

maruzohさん、こんにちは!
コメント、ありがとうございます。

気づくこと … その通りですよね。

普段の生活からは、なかなか見つられなくて、
本とか読んで、頭では解ったつもりでも、
感じ方まで変えられなくて、忘れちゃう事も多々 … ^^;

だけど、そう言った想いを大切にしていると、
ある時、ふっと、心から気づける時が、あるような気がします。
その時の気づきは、もう、忘れないですね。

そんなペースなので、一つの気づきを理解しても、
自分の心に根付くまでに、かなりの年数がかかっちゃいます … ^^;

こんにちは♪

お久し振りのお話ですね、嬉しいです。

以前読んで頂いた「人生をやり直して見たい方へ」(最近改題改訂して「ワレナベニトジブタ」になりました)でも書いたんですが、大切なことは、僕は大切なことは何かに「気づくこと」だと思うんです。世界や両親や友だちは、変わらずに存在しています。ところが、自分の見方、感じ方次第で、素敵な存在にもそうでない存在にもなり得ます。
僕は、気づいて、そしてそれを忘れないでいたいです。

カテゴリ
最新記事
  • ご報告
  • 活動再開
  • 少し、お休みします。
  • あの時、ぼくは死んだ。
  • はや、一ヶ月以上 …
  • 最新コメント
  • Re: Never mind.
    by リトルパパ (04/04)
  • Never mind.
    by maruzoh (04/02)
  • Re: 明けましておめでとう!
    by リトルパパ (01/06)
  • 明けましておめでとう!
    by maruzoh (01/05)
  • No title
    by maruzoh (11/19)
  • Re: こんにちは♪
    by リトルパパ (09/28)
  • こんにちは♪
    by maruzoh (09/28)
  • リンク
  • maruzoh の こころ王国
  • さんちゃんの【おはなし】
  • 管理画面
  • プロフィール
    リトルパパ
    Author:リトルパパ

    1女2男、3児のパパです。子供達に、明るい未来を残したい。本当に大切なモノを一緒に考えたい。つめ込むだけの勉強より、うわべだけの華やかな生活より、虚しく笑うだけの娯楽より、もっと、もっと、心から・・・。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。